印鑑と捨印

捨印という言葉をご存じでしょうか?
書類などの欄外などに「捨印」のスペースがあるものもあります。
これは、あらかじめに押しておく訂正印、つまり訂正する必要が出てきた時に、それを承認するという意味合いです。
基本的に、文書において何らかの訂正をする場合は、二重線で文字を消し、そこに訂正印を押します。
しかし、それでは手間もかかる。そのため、あらかじめ訂正を承認するために捨印を押しておくのです。
捨印などと違って銀行印は直接お金に関わってくれる印鑑なのでちゃんとしたものを作りましょう。

銀行印とは?

重要な印鑑なので保管にも十分注意しましょう。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

スモール商品って?

消費税の増税などで何を買うにしても少し損をした気分になりそうなこの時期。
しかし消費者のそう言った気分をなんとかするのが売り手の役割。
増税だから仕方ないよなどと鷹をくくっていてはこの厳しい時代に生き残る事は出来ませんし、消費者も敏感になっています。
そんな中、最近増え続けているのが、スモール商品。
例えば今までスーパーで刺身が9切れで400円で販売していたものを3切れで198円にしたとします。
計算すれば3切れの商品の方が割高なのですが、3切れで良いと言う世帯には400円に比べて当然お得感があります。
このようなスモール商品は消費者がニーズが合えば、生産者には当然利益になります。
食品のみならず住宅など様々な分野で、こうしたスモール商品が注目されてます。
現在、そうした商品が人々のライフスタイルに溶け込み始めています。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

サインかハンコか

日本ではハンコ文化、西洋ではサイン文化。
それぞれ一長一短がありますが、すれについて考えてみましょう。
日本でも最近は宅配便の受け取りなどにサインが使われることがありますが、サイン=署名と誤解されている節があります。
楷書できっちりした字を書くのは西洋の常識でいえば偽造してくださいと言っているようなもので、本来のサイン文化とは異なった考えなのです。
日本人にしてみれば、筆跡なんてその時々で結構変わるものだし、ほんとうにそんなモノで契約が成立するのか不安になりますが、アルファべットをその人なりに崩したサインはパっと見似せて書いても筆跡鑑定すればすぐわかるのだとか。
とは言え、日本の場合は、実印がものをいうカルチャーです。
実印の事について詳しいサイト。

実印作成ランキング特集|最もリーズナブルな業者はどこだ

サインとは違い様々な書体や素材があるのもハンコの魅力です。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

眠りを深くするコツ

肌や髪のうるおいを保つためだけでなく、疲労を回復させるためにも睡眠は大切ですが、心配事があるとリラックスできないので、なかなか眠れなかったり、眠りが浅くなるといわれています。
入浴や軽いストレッチ、静かな音楽を聴くことでリラックスできますが、ツボの刺激もおすすめです。
かかとの中央にある「失眠」というツボをこぶしで数十回叩くと、寝付きがよくなり、眠りも深くなります。
夕食は、メラトニンという、眠りを誘う物質が含まれている根菜や豆類を使った料理がおすすめです。
食物繊維が豊富な穀類にも含まれています。
ごぼうやレンコン、大根などの根菜は水分代謝を高めるので、むくみも予防できますし、冷え症の改善にも効果があります。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

酵素で肌トラブル解消

普段喉が渇いたとき、みなさんは何を飲みますか?
お水?緑茶?コーヒー?夏は冷した麦茶があったら最高ですね。
わたしが一年中通しておすすめしたいのは、酵素ドリンクです。
酵素ドリンクにはデトックス効果があり、体の中の老廃物を除去してくれる働きがあると言われています。
それに伴って、美肌にも良いようです。
最近特に人気なのがベルタ酵素というものです。

ベルタ酵素

酵素は独特の味なので最初は飲みにくいと感じるかも知れませんが、数日で美味しいと感じようになります。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

資格の強み

資格をもっていてもうまく使いこなせていないなら宝の持ち腐れですね。
反対に、割合簡単に取れる資格でも需要が多かったり、工夫をすることによって利益を上げることができたり、いろいろなケースがあります。
世の中は常に変化していますから、きのうまで需要があった資格があまり需要がなくなったり、あまり知られていない資格が実はとても儲かったり、ということもあるでしょう。

資格を取る前にその資格でどのようなことが可能になるのかを考えるとよいかもしれません。
また新しい資格や検定が次々できていますが、時代を先取りしたものが見つかるといいなと思います。

単なる資格コレクターにならないためにも、自分に合った資格を見つけたいと思う今日この頃です。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

オヘソの辺りの毛

見えないところもオシャレに気を使う人って素敵ですよね。
そういう人を目指しているんですが、私の場合は見えないところの毛に
問題があるんですよ…
それはお腹やオヘソの辺りの毛なんです!
よく外国人男性なんかで毛深い人だとオヘソあたりから毛がモジャモジャ生えていて、そのまま下半身へと続いているみたいなんですが、
日本人の一般女性である私までそんな感じになっちゃってるんです!!
「剃ったらさらに濃くなる」という話も聞くので怖くて剃ることも出来ないんですが、どう見てもオヘソ周りがもじゃもじゃで、それも産毛ではなく真っ黒な毛なんですよ。
普通に生活していればヘソを出すことなんてないとは思いますが、例えば友達と温泉旅行に行くこともあるでしょうし、いつかは彼氏が出来てそんな機会もあるかもしれません!
(今のところ彼氏なんていませんが…)
剃ったらまずいんなら、エステとかでレーザー脱毛とかすれば
問題ないのでしょうか?
一度相談してみたいのですが勧誘とかされるのが怖いんです。
でもこのままじゃ悩みも解決しませんし、情報収集から始めてみようと思っています。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

消費するカロリーを増やす

消費するカロリーを増やすには、運動すること、基礎代謝量増やすことが第一です。
基礎代謝を増やす野菜を食べるのも良いですね。
運動についてはジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をするべきです。
基礎代謝についてですが、身体を動かそうが動かすまいが、生きていくためには必ずエネルギーを消費します。
これが基礎代謝。
基礎代謝の量を増やせばその分だけ痩せやすくなります。
基礎代謝量を増やすには筋トレをして、筋肉を増やすのが一番です。
ジョギングやウォーキングだけやっている人はそこに筋トレも取り入れることでより効率的に身体を絞ることができます。
有酸素運動は筋トレ的な要素も含まれており、そうした点からもダイエトには非常にバランスの良いメニューです。
バランスよく身体を絞り、健康で美しい体型にしたいですね。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

離婚時に注意したい財産分与

離婚をするには心情的な負担はもちろんですが、いろんな手続きをしないといけないことにストレスがかかるものです。
財産分与をどうするかもその一つ。
それに伴う税金についても知識がないと思わぬ所で痛い目に合うことにもなりかねませんので、よく理解しておく必要があります。
実は、離婚によって「財産をもらう側」と「財産を渡す側」には大きな違いがあるのです。

財産をもらう側で考えてみると、慰謝料や養育費、財産分与など、常識の範囲内の金額や脱税目的でなければ、一切税金はかからないのです。

一方の財産を渡す側は、財産をもらう側は例外を除いて税金はかからないのに対し、こちらは渡したにもかかわらず税金を払わないといけないのです。
たとえば、夫婦と子供が住んでいた自宅を、離婚後は子供の面倒をみることになる妻に財産分与し夫は出ていく場合、自宅を渡した夫に自宅譲渡による所得税の負担が発生することがあります。
自宅を手放したのにそれが譲渡と見なされ税金がかかるというわけです。

しかし、こうした居住用財産の譲渡には3,000万円までの利益に対して控除が認められています。
実はこの特例は血縁関係があると無効ですが、離婚して妻は他人になるのでこの特例が適用できるというなんとも不思議なものなのです。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

いつかは言われたいプロポーズの言葉

誰でも憧れる一生に一度と言われるプロポーズ。
あなたならばどんな言葉でプロポーズされたいですか。

「お嫁さんになってください」「毎日僕のご飯を作ってください」「子どもを作ろう」など、プロポーズの言葉は数多くあるので、芸能人が結婚した時の記者会見では必ず聞かれる定番の質問でもあります。
中には、自分だけの思い出にしておきたいから秘密ですと教えてくれない人もいますね。

私はどちらかと言うと王子さまを待っているタイプ。
まわりくどいのも好きではないし、ユーモアも不要です。
ストレートに「あなたを何があってもずっとお守りいたします」なんか言われたみたいですね。
今まで両親に守られて生きてきたけれど、これからはそうではない生活が始まるんだという実感がひしひしと湧いてきます。
たしか、皇太子妃雅子さまが皇太子様から言われたプロポーズの言葉もこれに誓ったと記憶しています。

プロポーズは一生に一度ですから(そうであって欲しい)、感覚的に合わない言葉が出てしまわないように願うばかりです。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類